09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.08 (Tue)

テンプレ

変えてみました。
スポンサーサイト
23:34  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.16 (Wed)

ザ・ビートルズ・ボックス ステレオ(国内盤)

0909161.jpg
ステレオを予約し、発売日ギリギリにモノBOXも予約しましたが
ステレオが先に届いたのでコチラを先に聴いています。
(聴く順番としてはいいかなって思う)

モノラルばかりが話題になってる気がしますが
ステレオ盤も充分聴き応えあると思います。
ジャケが三つ折り、四つ折りになってて豪華。
ビートルズの写真はワタシも結構観てきたつもりですが
初見なものも沢山ありました。
0909162.jpg

リマスターについてポールは
「洗練されたとか、そんなもんじゃない。リアルなんだ。
 ジョンがすぐそこにいるみたいだ」
と語ったという記事を読み
より一層、買いたい衝動にかられ
(さすがポール。私には、もうどんなセールストークよりも効いた・・・!)
リアルな音ってどんなだろう?とドキドキしながら聴きました。

マニアではないので言葉がうまく見つからないですが
遠いあの日、アナログでビートルズを聴いていた感覚を思い出のです。
勿論、音のクリアさは、シロウトの私でもすぐにわかるほど見事なのですが
それだけではない、やわらかい、心地よい、それでいて臨場感を感じる
・・・あのレコードで聴いていたころの音。


BGMとしてでなく、とにかく必死で彼らを聴いていたあの頃が蘇えり
思い入れのある曲は、涙が出そうにさえなります(苦笑)


こういう感覚は、モノだともっと感じるってこのなのかな?
と、ちょっと思いながら
(・・・ウン。しばらくスピーカーからヘッドフォンで必死で聴こう!)
とipodにはまだ入れないでいます。






16:12  |  ビートルズ記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.31 (Mon)

ナイト ミュージアム2

PART1を観てないのに、いきなりナイト ミュージアム2を観てしまった・・。
「1を観てなくても楽しめます」テキな触れ込みがあったけど
観てなくても、まあ確かに楽しめました。

内容知らなくても、こんなハナシであろうと予測ついちゃう予告編どおり。(笑)
「リンカーン大統領」(銅像)、「ティラノサウルス」(剥製)、「考える人」(ロダン)
などなど博物館の重鎮たちが、動き周っての大騒動。
単純明快、楽しめます。

PART1を観てないっていうよりも
世界史に疎いという点で、オモシロさが伝わらなかったとこがあるかも。



090831eimi.jpg
『魔法にかけられて』のエイミー・アダムスは
伝説の女性パイロット「アメリア・イヤハート」を
とってもキュートに演じてるが
無知なワタシはアメリア・イヤハートを知らない・・・。


と、自分の不勉強さがザンネンなのでした。

ナイト ミュージアム


00:00  |  TV/DVD/映画記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.30 (Sun)

ビートルズが、いっぱい

明日で8月も終わり。
ビートルズのリマスター盤発売日、09.09.09までのカウント・ダウンがはじまっている。
結局ワタシはステレオBOXのみ予約し現在に至る。
モノBOXまでの大人買いまでは手が届かず・・・。


関連本も続々と発売予定なので目移りしてしまう。
どれもこれも、ほしくなってしまうものばかりだが
これもやっぱりビートルズ価格。・・・お高い。
あれこれと悩み、現在2冊ほど予約中。


一冊目はコレ。ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版
090727b.jpg

『ビートルズ・リマスター音源に対する最高のガイド・ブック』
なるキャッチ・フレーズにやられて予約(笑)
ただ、ちょっとマニア向けらしいけど。・・・どうなんだろ?
価格3,000円弱。


で、今日は2冊目の関連本を予約。
(1冊目も充分お高いが)さらに上をいく価格なので躊躇していた本。
ザ・ビートルズ フォトクロニクル
be0908312.jpg

ワタシは彼らの曲と同じくらい彼らの写真がダイスキなので
(ほんと、今見ても、なんてフォトジェニックな4人なんだろう)
学生の時から写真集を、ちょこちょこ買っている。
『850点もの秘蔵写真でつづるヒストリー・ブック』とのことで
今回、真っ先にほしいと思った本なのだが、なにせ価格は7000円強。
これは、あのオフィシャル本、『アンソロジー』の上をいく価格。

『アンソロジー』は、素晴らしい本だけど
なにせ重量が3キロ超えているので、気軽に寝転んで眺めるということが
出来ないのが難点であった。
(せめて2冊組とかにしてほしかった・・・)
この本は、いったい、どんなもんだろ。

とにかく財布の中身との交渉で、痛い毎日だが「ビートルズ貧乏」の経験など
これから先そうあることでもないだろうからビートルズからの贈り物
「ビートルズ・リマスター祭り」甘んじて楽しみましょうかと思う今日このごろである。



・・・って、「アンソロジー祭り」の時もそう思ったし
ビートルズは、これからもずっとサプライズがあって
ワタシたちを、楽しませてくれるのかなあ。




16:18  |  ビートルズ記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.18 (Tue)

花の慶次 雲のかなたに

花の慶次

「歴女」ブームなどと言われるが、ワタシもそんな女子たちの気持ちがチョットわかる。
思い立って大人買いをしてしまった「花の慶次」。
この本、いろいろなタイプで単行本化されているが
ワタシは予算の関係(泣)で集英社文庫の小さいやつ全10巻。

画は、『北斗の拳』で有名な原哲夫氏。
ワタシ的には『北斗の拳』の絵は、ゴチャゴチャうるさい感じで
あまり好きではないんだが、この作品は、それと違いすっきりと見やすい。
なので初めて観たとき「原氏に画風が似てる」とは思ったけど
まさにそのヒトと知ったときは意外に思った。

ゆえに主人公、慶次の涼やかな男前ぶりが、さらに引き立っている。
っと、男ではなく漢(おとこ)と言うのだった。
なぜ、漢で(おとこ)なのか、気になっているが不明。

実際の人物とは、不明な点が多く特に容姿は
かけはなれてるらしいが・・・
マンガがドラマになるのがこれだけ流行ってるのだから
『花の慶次』でNHKは大河をつくってくれないものだろうかと
ワタシは、ずっと願っている。

といって、このイメージの慶次を演じられる素晴らしい俳優サンが
ワタシには思いつかないんだけど。
(いったいドナタさまなら演じられるのかな。)




放送中の大河『天地人』、前田慶次が出るとか出ないとか
なぜだか今現在でも噂があるけど、どうなるのかなあ・・・?


花の慶次-雲のかなたに- 
23:28  |  book記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.03 (Mon)

Canon デジタルカメラ IXY DIGITAL (イクシ) 510 IS

今年は「カメラ女子」となろうと思い立ち誕生日にマイデジカメを購入。
IXY 510IS
キャノンIXY 510IS。

色をブルーにしたために、初見ではデジカメだと思ってもらえません。
開口一番に「ケイタイ買い換えた?」と言われること数回。(笑)

難しいことは、わかりませんが・・・
シロウトのワタシでも、とてもキレイに写真が撮れます。
顔認証機能も、オモシロイです。
シンプル、カンタン。満足なカメラであります。

タダひとつ、セルフタイマー機能。
もっとワンタッチで設定できればなあと思いました。
(最初、すごく探してしまった・・・・)







16:48  |  雑貨記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.02 (Sun)

スーパースター博物館

「那須でであったビートルズ」

那須に旅行に行き、娘と姪っ子がこのチラシを持って来て
行きたいと言うので付き合った「ゴシックワールド」。



・・・と思ったら、館の中の様子はチラシの上に書いてある
「アメリカン・スターズ・ミュージアム」の色が濃い。
超有名なスターのグッズやサインがところ狭しと置いてある。

チラシで「お化け屋敷」かなんかと勘違いしていた
娘と姪っ子は「なに、これ!?」ドンビキ状態。
ワタシ的には結構楽しめる(B級)博物館である。


で、アメリカンとうたっているし、あるワケないと思っていたら
アメリカン無視してビートルズ・コーナーまである始末。
090802c.jpg

娘たちは早々とミュージアムを出てしまったので追いかけ
写真に撮れなかったのだが、そのコレクションの数は
「ジョン・レノン・ミュージアム」もビックリ。(たぶん)

ただ、あまりにも無造作に展示されているので
そのコレクションのスゴさがイマイチお客サマたちに伝わってこないと思われる。


で、イチバン、驚いたのがコレ。

090802d.jpg
60年代、実際にリンゴが使用したホンモノのドラムセット!

「展示品にはお手を触れないで下さい」と張り紙がしてあるものの
ケースに収めるわけでもなく、手が届くところに普通に展示されている。
(いいのか、これで?!)



奥が深い、那須・・・。
090802b.jpg


スーパースター博物館
http://www.rurubu.com/sight/detail.aspx?BookID=A1200010




14:21  |  ビートルズ記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.26 (Sun)

The Beatles HELP! (DVD)

去年頃から一人勝手にビートルズ熱が再燃してしまい
今さらながらほしくなってしまったザ・ビートルズ ヘルプ!(スタンダード・エディション) [DVD]


40年以上も前の映画のスタンダード盤でこの値段・・・。(高い)
かなり躊躇するも何十年も前にテレビで放送したのを観たきりで
ああ、どんな映画だったかしらんと気になって仕方がない。
レンタル屋に行っても、田舎町のそれでは
こんなマニアックなDVDが置いてあるはずもない。
で、大枚はたいて(←大袈裟・・・では決してナイ)買ってしまった。


Help!

スタンダートと言っても、おまけDVDがちゃんとついてて2枚組。
パッケージの内装は、各国の「HELP!」のポスターを
敷き詰めてるっていうコジャレタ作りで観ていて楽しい。
ただ、どこを探しても日本のポスターは見つからない。
デラックス盤の方では載ってるのだろうか?(気になる)


Help!

40年前の映像だしなあ・・・の前提で観てしまうと
驚くほど綺麗な映像に目を奪われる。
ワタシは、若い頃のビートルズは「モノトーン」とのイメージがあるが
(こんなにモノトーンが似合うグループもナイと思っているが)
この時代の彼らを、こんなに綺麗で鮮やかな映像で
観られるだけでも価値があると思う。

映画の内容もドタバタ・コメディで大満足。

おまけのDVDは
カット・シーンや、当時の予告編、撮影場所の現在の風景。
そして、この鮮明な映像を蘇らせる為に
どれだけの苦労したかの(多分これがすごく言いたいんだろう(笑))解説。
確かに気の遠くなるような作業をしている。

これなら、多少高くなってしまってもしかたないのかあ・・・
と思ったりもする。
何度もリピしてるし、満足。

で、本当はほしかったザ・ビートルズ ヘルプ!(デラックス・エディション) [DVD]
手の出せないお値段・・・(ため息)







15:41  |  ビートルズ記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.24 (Fri)

佐勘  秋保温泉

先日、社員研修で秋保温泉に行きました。
その時に宿泊した宿、佐勘
お部屋もそこからの景色も温泉も素晴らしく
さすが老舗の宿だなと感心しきり・・・。


食事は、さらに感動的。
佐勘

4.jpg

次から次へと、運ばれる海の幸、仙台牛・・・。
アワビ活きてるし、ウニも活きてました!
(ウニにはビックリ)
蛸メシに仙台黒毛和牛のしゃぶしゃぶ。



これは朝食。
佐勘の朝食
お米は、ひとめぼれ。ねぎとろで手巻き寿司。
コラーゲン入りの鳥しゃぶしゃぶ。
朝から贅沢すぎる・・・(溜息)


リピートしたいと心からおもう宿でした。
(でも帰ったら制服がきつかった)(爆)


19:58  |  旅記  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.22 (Wed)

ビートルズ・リマスター盤

実は、ワタシはビートルズのオリジナルを
(CDはモチロン、レコードさえも)一枚も持っていない。
なんとなくベスト盤ですませてきてしまい
いつか揃えようと思いつつ今日まで来てしまった。
でもでも、ズルズルと引っ張ってきたカイがあったのだ。

ビートルズのリマスター盤が
発売されるという嬉しいニュース。
 


なにせシロウトなのでモノとステレオの違いもよくわからない。(恥)
両方買いたいのはヤマヤマだがワタシのお財布は
全く許してはくれそうもない。
ただ全曲揃うのはステレオの方って教えて頂いたので
ステレオ盤を買おうと思う。
(しかし高いなあ・・・。)

ワタシは音楽と同じくらい彼らの写真とか本とか大好きなので
こちらは昔からチョコチョコ買ってるのだが
9月9日に合わせて、その類もいろいろと発売されるようだ。

先日、新聞の広告で見つけた本。

ひとめぼれしてしまったのだけど
わ~・・・7000円超えてるし。


今年は人生最大のビートルズ貧乏な年となる・・・。










19:00  |  ビートルズ記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。